個人情報保護規程 | 採用ダイレクト

個人情報保護規程

第1条(目的)

この規程は、当社が利用者から入手する個人情報について、その取扱いの責任体制を明確にするとともに、管理運営のルールを定め、個人情報の適切な管理を図ることにより、利用者保護に資するとしての高い公共性を具現することを目的とする。

第2条(個人情報の範囲)

この規程で個人情報とは、利用者に関する情報であって、次の第1号から第2号までに掲げる文章及びそれらに記載された内容、並びに第3号に掲げるものをいう。

  • 1.履歴書、職務経歴書
  • 2.利用者と採用企業のやり取り・面接記録
  • 3.その他特定の個人を識別もしくは推定することが可能なもの

第3条(個人情報を取り扱うことができる者)

個人情報を取扱うことができる者は、当社で業務に従事する全ての者、本個人情報保護規定に同意した本サービスクライアントとする。事業の内容及び規模を考慮した適切な個人情報を収集し、事業目的の達成に必要な範囲内でこれを利用、提供を行います。
個人情報保護規定に基づき、目的を越えて個人情報を取り扱うことはありません。また、個人情報に関する苦情及び相談には速やかに対応します。

第4条(個人情報の収集)

収集する個人情報は、本サービスを運営のために必要な範囲に限り、これを行うことができる。

第5条(個人情報の収集方法)

個人情報の収集は、次に掲げる方法の何れかによらなければならない。

  • 1.利用者本人から直接収集する
  • 2.本人の同意を得て本人以外の者から収集する

第6条(個人情報の保管)

個人情報は、個人情報を取り扱うことができる者以外が自由に見ることができない方法で保管しなければならない。

第7条(個人情報の使用)

個人情報は、当社が運営するサービスの提供目的以外に使用してはならない。

第8条(クライアントの同意)

本サービスクライアントはサービス前に個人情報規定同意書に同意を得てから利用しなければならない。

第9条(個人情報の開示)

利用者より、自己の個人情報について、開示を求められたときは、速やかにその返却を求め、これを破棄しなければならない。

第10条(個人情報の訂正・削除等)

利用者より、自己の個人情報について、訂正、一部削除、または追加の申し出があったときは、それに応じてただちに当該個人情報を変更しなければならない。この場合においても、変更前の情報がすでに求人者等に提供されているときは、利用者の同意を得て、速やかに変更後の情報を当該求人者等に通知しなければならない。

第11条(利用または提供の停止)

利用者より、自己の個人情報について、その利用又は消去、若しくは本サービスクライアント等への提供の停止を求められた場合は、速やかにこれに応じなければならない。

第12条(不利益取り扱いの禁止)

利用者が、自己の個人情報について、開示、訂正を申し出たり、利用・提供の停止を求めたりした事を理由として、当該利用者に不利益となる取扱いをしてはならない。

第13条(個人情報の破棄)

次の何れかに該当する個人情報は、ただちにこれを破棄しなければならない。なお、利用者に対し、個人情報の破棄に関して、予め周知しておかねばならない。

  • 1.当該利用者より、破棄の求めがあったとき

第14条(個人情報の破棄の方法)

個人情報の破棄は、すべていずれかの方法で行わなければならない。

  • 1.サーバー・PC上等の個人情報を破棄する。
  • 2.紙上で印刷したアナログ上の個人情報は廃棄物処理業者に委託して復元が困難な方法で破棄する。

第15条(秘密の定義)

この規程において秘密とは、一般に知られていない事実であって、他人に知られないことにつき、本人が相当の利益を有すると認められる事実をいう。
〈具体例〉本籍地(都道府県までの情報を除く)出身地、支持もしくは加入する政党、政治運動歴、借入金額、保証人となっている事実。その他プライバシーにかかわるもの(病歴、前科、離婚歴等)

第16条(秘密の漏洩防止)

利用者の秘密に該当する個人情報を知り得たときは、それが正当な理由なく他人に知られることがないよう、次のことを厳守しなければならない。

  • 1.当社に在職中はもちろん、退職後も他人にその秘密を漏らさないこと
  • 2.その秘密を表すメモ類を残さないこと
  • 3.その秘密を履歴書等に記入しないこと

第17条(秘密漏洩に当たらない正当な理由)

前条において秘密漏洩に当たらない正当な理由とは、次のようなものをいう。ただし、これらの場合でも、知らせるのは必要最小限のものに止めなければならない。

  • 1.裁判所における証人としての証言
  • 2.刑事起訴法に基づく捜査機関からの照会
  • 3.紹介事業者の正当な業務行為として、当該情報を漏らすことが就職につながること、かつ本人の不利益にならないことが事前に明確に判断できる場合

第18条(苦情の処理等)

個人情報の取扱いに関し利用者から苦情を受けたときは、別に定める苦情処理規程に則り処理しなければならない。

第19条(利用者からの要望等への対応)

個人情報を取り扱う者は、利用者より、自己の個人情報の保管または使用について、質問、相談または要望を受けたときは、真摯にこれに対応しなければならない。

第20条(利用者の同意の取付)

利用者の同意は、原則として利用申込時のフォームに個人情報規定のリンクを付けるものとする。

第21条(倫理感の保持)

当社において個人情報を取扱う者は、役員、従業員の区別なく、すべて、本規程の内容を熟知してこれを厳守することはもちろん、個人情報を取扱うことに伴う責任の重さを認識し、高い倫理感をもって業務を遂行しなければならない。

第22条(罰則)

この規程に違反して個人情報を収集、利用または提供した者は、就業規則に基づき、処分を行う。

第23条(お問合せ先)

個人情報の取り扱いに関するお問合せ先
株式会社カスタマ
東京都江戸川区篠崎町7-21-8 第2江戸鉄ビル2階
代表電話:03-6638-7201
制定2021年3月1日

医療介護のお仕事探し、そして良い職場で内定をとるのであれば採用ダイレクトがおすすめです。医療介護施設と直接、お話ができるのでスピーディーな対応が受けられます。非正規の求人も多数。お子様がいらっしゃるなど仕事条件に制限がある方もベストな仕事探しができます。また、採用ダイレクトは株式会社カスタマが医療介護業界で得たノウハウを駆使して始めたサービスなのでご満足いただけると存じます。諸事情で転職サポートが必要な求職者様には別サービス(厚生労働省認可の職業紹介サービス)もございますのでお問い合わせください。